TEL
MENU

Blog記事一覧 > 栄養 > 三大栄養素ってなに? タンパク質編

三大栄養素ってなに? タンパク質編

2020.02.14 | Category: 栄養

こんにちはてへぺろ

東金つなぐ整骨院です

 

今回もそれぞれの栄養素について詳しくお話していきます星

 

 

今回はタンパク質です

タンパク質は骨、筋肉、臓器など体の主成分で体重の約20%を占めています

エネルギーとして働くこともあり、1gあたり4kcalを生み出します

タンパク質は分解されるとアミノ酸となり、様々な仕事を請け負います!

その中の代表的な仕事を3つにまとめてみました

 

1つ目:筋肉や臓器になる

体内で分解されたアミノ酸は血液や組織に送られ、必要に応じて筋肉や臓器を

作るために使われます

 

2つ目:酵素やホルモンになる

体内の代謝や生体反応、体内環境を一定に保つ(ホメオスタシス)ために不可欠な

酵素やホルモンは、タンパク質から生成されます

 

3つ目:物質運搬や情報伝達

血液の中で酸素を運ぶ役割をもつヘモグロビンや、神経伝達物質の一部、

遺伝子や免疫物質も主成分はタンパク質ですポーン

 

 

また、体を構成するアミノ酸は20種類あります

その中で体内で作ることのできないアミノ酸を『必須アミノ酸』といいます

このアミノ酸は食事からしか体内に補給する事ができませんゲッソリ

食事の中からタンパク質を適切に摂るよう心がけましょうナイフとフォーク

 

 

次回は脂質についてです骨