TEL
MENU

Blog記事一覧 > 栄養 > 栄養のお話 ビタミンK編

栄養のお話 ビタミンK編

2020.02.28 | Category: 栄養

こんにちはニコニコ

東金つなぐ整骨院です

 

 

今回もそれぞれのビタミンについてお話をしていきます!!

 

今回はビタミンKのお話です星

ビタミンKは納豆やパセリ、モロヘイヤなどに多く含まれるビタミンです

主な仕事はこちらです下矢印

 

 

1つ目:止血する物質の生成に使われる

怪我をした際には血液を固めることで組織からの出血を止めることができますパー

これは血液中に血液を固める(血液凝固)ためのタンパク質が存在するためです

そのタンパク質は肝臓で生成されますが、その際に補酵素としてビタミンKが使われます

 

一方、血液凝固作用が働いていても血液が流れる必要のある場所は

いつも通り血液が流れるように調整する必要がありますよねくるくる

そのためのタンパク質も肝臓で生成され、ビタミンKが使われます

 

2つ目:健康な骨作りをサポートする

ビタミンKはビタミンDと同じく吸収されたカルシウムの骨への沈着を助けます骨

健康的な骨を作り、骨粗しょう症の予防に役立つとして治療薬としても使われています

 

 

 

ビタミンKは加熱に強いため炒め物や揚げ物など油脂と一緒に摂取すると効率的です

ただし、血液凝固を抑える薬であるワーファリンなどを服用している方は

ビタミンKの摂取で薬が効かなくなってしまうため注意が必要ですガーン